家づくり日誌

家づくりを「泉北ホーム」にお願いすることに決めた3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご覧いただきありがとうございます!
泉北ホームのプレミアムパッケージで家づくり中のつむじと申します!

つむじ家では、数あるハウスメーカー、工務店の中から、縁あって「泉北ホーム」さんにお願いすることにしました。

今回は、「泉北ホーム」さんに決めた理由を3つに絞ってご紹介します!

「泉北ホーム」とは?

関西にお住まいの方であれば、円広志さんが「フルフルフルフルフル装備♪」と連呼するCMをご覧になった方も多いのではないでしょうか?

泉北ホームは、大阪府堺市に本社を置く、関西(大阪・兵庫・奈良・京都・和歌山)エリアに特化した注文住宅メーカーです。

エアコン、カーテン、照明も含めて「フル装備」というのがコンセプトで、他社と比較しても、非常にわかりやすい商品展開をされています。
https://www.senbokuhome.co.jp/

積水ハウスや大和ハウスには手は出ないけど、質は担保したいと思っている方には、ぜひおすすめできる住宅メーカーかと思います。

しかしローコスト住宅メーカーは他にもあります。地域工務店でも、安価に作ってくれるところもあるはずです。
そんな中で、つむじ家が泉北ホームを選んだ理由をご紹介します!

前提:つむじの希望

つむじは、どうせ家を建てるなら、長持ちして、家族が健康に過ごせる家に住み続けたいと考えていました。
最近は、建築系YouTuberの方が、「注文住宅建てるなら性能・設備はここだけは抑えておいたほうが良いよ!」と教えてくれています。

つむじ家では、そうした情報を参考に、注文住宅を依頼するうえで下記を最低条件として考えました。

予算面:4500万円(土地2000万/建物2000万/諸費用等500万)まで
性能面:耐震3級、長期優良住宅認定取得、UA値0.6以下、C値1.0以下、省令準耐火
設備面:ある程度はこだわりだい(当時はあまり考えてなかった)

この条件をもとに、泉北ホームに足を運び、担当営業さんに相談してみました。

結果、泉北ホームが条件を満たしていたので、契約へ進んだのですが、つむじ家が泉北ホームを最終選んだ理由をここからご紹介します。

理由1:商品力と価格

泉北ホームでは、以下の3つのパッケージがあります。

■スマイルパッケージ(コミコミ価格1555万円(税込)の「フル装備の家」)
◯価格:1555万円(税込)※諸費用などは別
◯性能面:C値0.75、UA値0.58、耐震3級、長期優良住宅
◯設備(プレミアムから劣る点):
キッチン裏のカップボード無し、トイレが1つ、お風呂が1616サイズ(一般的)、玄関リモコンキー無しなど
◯その他2階建て31坪以下という縛りあり

■メジャーパッケージ(大手メーカーと同等の設備に次世代性能)
◯価格:1800万円くらい※諸費用などは別
◯性能面:C値0.75、UA値0.58、耐震3級、長期優良住宅
◯設備(プレミアムから劣る点):
キッチン裏のカップボード無し、トイレが1つ、お風呂が1616サイズ(一般的)、玄関リモコンキー無しなど

■プレミアムパッケージ(大手メーカーより2ランク上の上質な設備と次世代性能)
◯価格:2000万円くらい※諸費用などは別
◯性能面:C値0.87、UA値0.50、耐震3級、長期優良住宅
◯設備:
キッチンカップボード有、トイレが2つ、お風呂が1620、1717サイズ選択可、玄関リモコンキー有など

※メジャーパッケージとプレミアムパッケージの価格は施工面積によって大きく変わりますので、上記金額とは限りませんので、ご了承ください。

上記のとおり、泉北ホームの商品は3つしかありません!
そして、性能面でも長期優良住宅認定は当たり前で、断熱気密性能もいい塩梅のラインを抑えてくれていますので、よほどの断熱気密オタクでない限りは、後から性能面で後悔することはないと思います。

大変参考にさせていただいた、泉北ホーム施主の重鎮、くろーばーさんは、性能面でのオプションを駆使して、最強の断熱気密住宅を手に入れられているので、断熱気密にとにかくこだわりたい方はご覧いただくとよいかと思います。
https://yotubanoclover.muragon.com/

ちなみに予算についても土地の仲介手数料と諸費用などに150万程度かかることを見越して、1800万円程度で見つかるかれば、収まるはずと言っていただきました。

理由2:泉北ホーム施主友達の評判

これが実は一番大きかったのですが、妻の友人が泉北ホームのプレミアムパッケージで家を建てられており、泉北ホームに足を運ぶ前に見学させていただきました。

友人は、泉北ホームの性能面はもちろん、設備面でも”通常であればオプション扱いになるような設備”でも標準仕様になっているケースが多く、大満足という感想でした。

つむじが一番気になっていた、契約後のオプションも、50万円程度で収まったようで、泉北ホームのパッケージの質の高さを感じられる材料になりました。

理由3:担当営業の神対応

ありがたいことに、友人から担当営業のFさんをご紹介いただき、Fさんに担当についていただくことになったのですが、下記のように大変気持ちのよい対応をしてもらっています。

レスポンスが早い(すぐ回答できなくても、取り急ぎ返事してくれる)
経験豊富で質問への回答が的確
間取り作成も嫌な顔ひとつせず、追加提案までくれる

担当営業は、はじめて見学に行ったときについた担当がつくケースが多いため、新人の方や満足のいく対応をしてくれない方が担当となることもきっとあるかと思います。

施主の立場でいえば、住宅購入は一生に一度の買い物になるので、もし泉北ホームに限らずそういうことがあれば、担当変えをお願いするのも一つの手かとは思います。

まとめ

つむじ家では、予算・性能・設備を考えたときに、<ローコスト住宅メーカーの中でコスパの良い住宅メーカーを選びたい!>という希望がありました。

そんな中で、泉北ホームを選んだわけですが、やはり実際に住んでいる人に紹介してもらえたことと、担当営業の対応の良さや相性というのが大きかったように思います。
(最後は人ですねw)

とはいえ、YouTubeで良いので、住宅に関する知識を学ぶ(UA値、C値、省令準耐火、耐震、耐風、維持メンテコストなど)ことは非常に大切かと思います。

もし「ユーエーチ?ナニソレ?」といった方は、まずは色々調べてみてはいかがでしょうか?
また追々、私が参考にしたYouTuberや書籍などもご紹介もしようと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*